« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月27日 (日)

2016年4月1週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

3/21(月)祝日
3/22(火)17048.55円(+323.74円
3/23(水)17000.98円(-47.57円
3/24(木)16892.33円(-108.65円
3/25(金)17002.75円(+110.42円

そして先週の予想の振り返り。

予想よりも為替との連動が低く感じました。

ただ、日経平均17,000円に向けた動きは見事的中
今回はアタリでいいでしょう。

以下は先週の予想の引用。

日米欧の大きなイベントは通過。ほぼ予想通りでした。
米国、中国の株価も好調。原油も好調。
現在のところ、円高の日本株だけが一人負け状態です。

円高の理由は、米利上げのペースがゆっくりになったこと。
長期的なトレンドは円高に向かいそうですね。
110円割れも視野に入れておく必要があります。

ただ追加金融緩和の期待もあり、円安に向かう可能性も否定できません。
素直に動いた方にのっかて行くのが正解でしょう。

そういうわけで、今週は為替次第です。
ドル円が114円を超えないと日経平均17,000円はなし。
もし110円割れなら、16,000円に接近することも大いにあり得ます。

ただ、短期的には米中の株価は上昇トレンドで、日経も大崩れはないと考えています。
さらに今週は4日立ち合い。そして金曜日は米国株式が休場。小幅な動きを想定します。

上値は直近高値の17,300円。下値は25日移動平均線が位置する16,500円。
騰落レシオが高くなっているのが気になりますが、17,000円に向け小幅に上昇する展開を予想します。

ただし、ドル円が110円を割らないことが前提です。

今週の予想

今週の最初のイベントは配当落ち
おそらく配当落ち分は即日吸収すると予想します。
そのうえで日経平均が17,000円をキープできているかが週前半のポイントです。

そのあとは米雇用統計が控えています。
この雇用統計で強い数字が出ますと4月の利上げが意識されることとなり、ドル円は円安に進むでしょう。
そうなればダウは下落するかもしれませんが、日経は頑張ってくれると思います。

逆に雇用統計で弱い数字が出ると利上げは遠のき、ダウは上昇すると読んでいます。
しかし、ドル円はそれほど反応せず、結果日経は頑張ってくれると。

ただ頑張ったところで17,500円が限界
17,500円帯の出来高が多く、ここを当面の高値と考えています。

安値はというと、25日移動平均線のある16,650円を想定。

今週は小幅に上昇する動きで17,000円をチャレンジする展開になりそうです。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

2016年3月4週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

3/14(月)17233.75円(+294.88円
3/15(火)17117.07円(-116.68円
3/16(水)16974.45円(-142.62円
3/17(木)16936.38円(-8.07円
3/18(金)16724.81円(-211.57円

そして先週の予想の振り返り。

週前半は予想通りジリ下げでしたが、アク抜けせずに、そのまま終了でした。
レンジは想定内でしたが、予想とは違う株価の動きとなりました。

この原因は為替。
114円から110円台にまで下げたら、ダウが強くても、さすがに無理ですね。

予想はハズレとします。

以下は先週の予想の引用。

今週は、週の前半に日銀金融政策決定会合とFOMCがあります。
日銀会合は4月の追加金融緩和が噂されていますが、今月は何もないとの見方が大勢。
FOMCも今回利上げはないと考えられています。

いまの日経平均はとても強いですが、17,000円から上は簡単にはいかないかと。
当面は16,300円~17,300円の間でもみ合うのではないでしょうか。

16,300円は25日移動平均線があり、少し前までのボックス相場上限の価格帯です。
また17,300円はボリンジャーバンド+2σが位置しています。

それを超えると、上にはマドが空いていて、これを埋める水準が17,700円です。
さすがに今週ここまではない。

前半は様子見ムードで16,300円に向けて、じり下げ。
週後半にアク抜けして17,000円へと向かう、先週と同じ展開を予想しています。
もちろん、この予想は日銀会合とFOMCが予想通りであることが前提です。

火曜日引け、水曜日寄付き辺りで、安かったら買い

今週の予想

日米欧の大きなイベントは通過。ほぼ予想通りでした。
米国、中国の株価も好調。原油も好調。
現在のところ、円高の日本株だけが一人負け状態です。

円高の理由は、米利上げのペースがゆっくりになったこと。
長期的なトレンドは円高に向かいそうですね。
110円割れも視野に入れておく必要があります。

ただ追加金融緩和の期待もあり、円安に向かう可能性も否定できません。
素直に動いた方にのっかて行くのが正解でしょう。

そういうわけで、今週は為替次第です。
ドル円が114円を超えないと日経平均17,000円はなし。
もし110円割れなら、16,000円に接近することも大いにあり得ます。

ただ、短期的には米中の株価は上昇トレンドで、日経も大崩れはないと考えています。
さらに今週は4日立ち合い。そして金曜日は米国株式が休場。小幅な動きを想定します。

上値は直近高値の17,300円。下値は25日移動平均線が位置する16,500円。
騰落レシオが高くなっているのが気になりますが、17,000円に向け小幅に上昇する展開を予想します。

ただし、ドル円が110円を割らないことが前提です。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月19日 (土)

先物・Opトレード検証

今後の投資方針を構築するため、日経平均先物とオプション取引の結果を検証してみました。

先物は買い売り、オプションはプット、コールの売りがまーくんの基本方針。
オプションの買いは決してしません。

そんな方針で取り組んできた、過去5年間の結果を公表します。

日経先物(買)
10勝7敗(勝率59%)
平均利益 182,342円
平均損失 88,734円
総利益 1,202,277円

日経先物(売)
23勝14敗(勝率62%)
平均利益 161,956円
平均損失 348,668円
総利益 -1,156,371円

コールオプション(売)
98勝27敗(勝率78%)
平均利益 60,342円
平均損失 136,527円
総利益 2,299,184円

プットオプション(売)
174勝48敗(勝率78%)
平均利益 78,318円
平均損失 311,005円
総利益 -987,622円

先物は買いと売りで大体プラマイゼロ。
意外なのは、売りのほうが利益を出し易いイメージがあるが、逆の結果となっていること。
先物売りはヘッジで利用している部分もあり、負け分をコールオプションなどで回収している側面もある。
そのため、売り単体で見ると負けているように見えてしまう。

また先物を買うときは、相場が大底の時など、勝算が高いときにしかトレードしないようにしていることも要因の一つだ。

オプションは予想通り、コールオプションの売りでは安定的に利益が出ている。
プットオプションの売りも、勝率はコールと変わらない。
しかし、相場の暴落時など1敗当たりの損失が大きいため、トータルでマイナスとなっている。

さらに過去1年の成績をみてみました。

日経先物(買)
1勝3敗(勝率25%)
平均利益 172,090円
平均損失 329,298円
総利益 -157,208円

日経先物(売)
8勝6敗(勝率87%)
平均利益 167,860円
平均損失 567,954円
総利益 -2,064,850円

コールオプション(売)
48勝11敗(勝率81%)
平均利益 60,434円
平均損失 86,871円
総利益 1,945,242円

プットオプション(売)
51勝22敗(勝率70%)
平均利益 83,615円
平均損失 525,103円
総利益 -7,287,904円

過去1年の先物は、買いでも売りでも負けっぱなし。
この結果を見ると、やらないのが正解となります。

振り返ってみると、上昇トレンド中の過熱サインで先物を売り、天井で買い戻すケースが良くあります。
対策としては、過熱のサインが出たからと言って売らないこと。
株価が天井を付けるまで待ち、そこから25日移動平均線を割り込んだタイミングで売るようにします。

先物の買いでは4トレードしかしていないため、判断が難しいところです。
暴落後に底打ちして、上昇転換してからの買いのみ行うようにします。

オプションは、コールに関しては安定的な収益源になっています。
これまで通りのトレードを行うこととします。

プットオプションはひどい結果ですね。
コツコツと稼いで、ドカンとやられる最悪のパターンです。
プットオプションは手を出さないというのが正解なのかもしれません。

ただ、負けるのは暴落時のみなので、上昇トレンド時に限ってプットオプションの売りを行うこととし、トレンドが転換したら、プットは即損切りする方針とします。

これをきっちり守ることができれば、負けなくなるでしょう。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月16日 (水)

グローバルリンクアドバイザーズ中国株、日本株セミナー(2016/03)

日曜日のグローバルリンクアドバイザーズ戸松氏のセミナーのフィードバックです。
セミナーの内容を自分なりに噛み砕いてまとめたつもりですが、内容に誤りがあるかもしれません。
その点をご了承お願いします。(指摘していただけるとありがたいです)

米国株は短期上昇トレンド。
このトレンドは5~6月まで継続するだろう。

上昇の要因はECBによるバズーカ。日銀の追加金融緩和(4月?)やアノマリー(Sell In May)などがある。
下落転換のキッカケとしては、英国のEU脱退や米国の利上げなどが考えられる。

また現在は2008年4月と雰囲気が酷似している。
2008年は一度下落した後、200日移動平均線まで回復してから大暴落
今回も9月頃に大暴落となるのではないか?

根拠は資源安と中国経済の悪化だ。
米国の量的緩和や中国の4兆元経済対策により、資源バブルが起きてしまった。
新興国企業の借入金は2004年に4兆ドルだったものが、現在18兆ドルまで膨らんでいる。
そして、2014年辺りから経済対策の効果が切れ始め、供給は過剰気味。

そんな中、世界では米国だけが好景気
いまのままでは不動産バブルとなるため、利上げが必要。
しかし、利上げが行われば、新興国の経済は大打撃を受ける。

中国も同様に供給過剰状態。
それでも国内の投資資金を外に逃がさないように、人民元のドルペッグを続けてきた。

だが米国の利上げによりドルペッグが辛くなり、通貨バスケットに移行。
中国は、国家で人民元を買い支えながら緩やかな人民元安を進めている。
そのため、中国の外貨準備高は激減している。
もし予想以上に人民元安が進むとアジア通貨危機の再来を危惧している。

本来なら上海総合指数は2000ポイントを割っていてもおかしくない。
国の政策で、そうならないようにしているだけ。
この歪みが香港にいっている。本土で売れない代わりに香港で売っているのだ。
H株指数なんかは、リーマンショック時の水準にまで下がってきている。

今後の注目は金。
紫金砿業(02899)、招金砿業(01818)などが有望

日本株も同様に6月くらいまでは上昇トレンドが続くだろう。
日経平均は、100日移動平均線(18,000円)か200日移動平均線(19,000円)が天井になる。

話は変わってマイナス金利。
この政策は全く意味がない。ただのパフォーマンスだ。
日銀当座預金のうち、基礎残高やマクロ加算残高以外のほんのわずかの部分に適用されるもので、影響はあまりない。

もし基礎残高やマクロ加算残高にもマイナス金利を適用となれば話は別だが、不動産バブルを引き起こすためにできないだろう。
この仕組みは欧州でも同様だ。

また原発稼働停止は円安要因。
4月に追加金融緩和もあれば、6月には120円程度の円安局面もあるかもしれない。
そうなったら、そこが絶好の円買いポイントとなるだろう。
9月に予想通り暴落すれば、100円台前半までの円高が見込めるだろう。

ここまでの9月暴落シナリオは、米国が利下げや金融緩和の再開となればご破算
その場合は、上昇トレンドはしばらく続くでしょう。
問題を先送りにしただけですが・・・

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月13日 (日)

2016年3月3週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

3/7(月)1万6911.32円(-103.46円
3/8(火)1万6783.15円(-128.17円
3/9(水)1万6642.20円(-140.95円
3/10(木)1万6852.35円(+210.15円
3/11(金)1万6938.87円(+86.52円

そして先週の予想の振り返り。

最終的に日経平均は17,000円に落ち着くという点では的中
ですが自分の読みとは逆で、週前半が強く、週後半に下げての17,000円と考えていました。

まぁ結果オーライとしましょう。

以下は先週の予想の引用。

火曜日から4日間で日経平均は1,000円も上昇しています。
為替水準はそれほど変わっていないにもかかわらずです。
個人的にはいきすぎな感もあります。

超短期的には信用評価損益などが天井圏を示しています。
でも、こういう時って案外上昇が持続するということも、経験で知っています。

過熱を冷ます意味で、いったん下がる場面があるでしょうが、そこが絶好の押し目となると予想します。

また、今週はメジャーSQのため、日経平均の乱高下には注意してください。

予想下値は25日移動平均線のある16,500円。
ここまで下げたら買いで間違いない。

そして予想上値は、一目均衡表雲の下限がある17,500円を想定します。

今週は大きく動くでしょうが、終値は17,000円程度に落ち着くと考えます。

ただ先高観はあるので、17,000円を割れたら買いを入れてみるのも良いでしょう。

今週の予想

今週は、週の前半に日銀金融政策決定会合とFOMCがあります。
日銀会合は4月の追加金融緩和が噂されていますが、今月は何もないとの見方が大勢。
FOMCも今回利上げはないと考えられています。

いまの日経平均はとても強いですが、17,000円から上は簡単にはいかないかと。
当面は16,300円~17,300円の間でもみ合うのではないでしょうか。

16,300円は25日移動平均線があり、少し前までのボックス相場上限の価格帯です。
また17,300円はボリンジャーバンド+2σが位置しています。

それを超えると、上にはマドが空いていて、これを埋める水準が17,700円です。
さすがに今週ここまではない。

前半は様子見ムードで16,300円に向けて、じり下げ。
週後半にアク抜けして17,000円へと向かう、先週と同じ展開を予想しています。
もちろん、この予想は日銀会合とFOMCが予想通りであることが前提です。

火曜日引け、水曜日寄付き辺りで、安かったら買い

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月12日 (土)

プチ株つみたて2016/3

3月のプチ株つみたてです。

毎月7~9万円の範囲でつみたてています。
市場が落ち込んで安いときは多くつみたてて、逆に高いときには少なくつみたてる方針です。

今月はつみたて額の変更が間に合わず、先月と同額の10万円つみたてとなりました。
しかし調整したタイミングにピタッと合って、結果オーライ。

さらに先月の15日に、臨時の30万円追加つみたても行いました。
これも良いタイミングで拾えたのではないでしょうか。

おかげさまで、つみたてはプラス圏に回復

それでは、今月のつみたての結果です。

キヤノン 12株
住友商事 13株
三井物産 11株
あおぞら銀行 10株
大和証券 5株

これまでの積み立て

銘柄(コード) 保有株数 現在値
平均取得単価
時価評価額
取得金額
評価損益
評価損益率
キヤノン(7751) 267株 3,363円
3,697.9円
978,633円
1,076,086円
-97,453
-9.1
三井物産(8081) 684株 1,437円
1,423.8円
1,031,766円
1,022,266円
+9,500
+0.9
住友商事(8053) 779株 1,222円
1,231.3円
1,039,922円
1,047,808円
-7,886
-0.8
あおぞら銀行(8304) 2,324株 395円
329.8円
1,021,865円
853,258円
+168,607
+19.8
大和証券(8601) 1,300株 723.7円
736.9円
1,016,075円
1,034,613円
-18,536
-1.8

プチ株つみたてはカブドットコム証券で!!!

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 7日 (月)

2016年3月2週展望

先週の結果

まずは先週の日経平均です。

2/29(月)16026.76円(-161.65円
3/1(火)16085.51円(+58.75円
3/2(水)16746.55円(+661.04円
3/3(木)16960.16円(+213.61円
3/4(金)17014.78円(+54.62円

そして先週の予想の振り返り。

一時為替は112円台まで円高が進行。
15,700円~16,300円のボックス相場での値動きかと思われましたが、水曜日から相場が一変。
日経平均は一気に17,000円を回復しました。

終値の17,014円は、予想高値16,900円の誤差の範囲。
大体的中ということにさせてください。

以下は先週の予想の引用。

金曜日は引けにかけてG20の失望売りを織り込みにいきました。

個人的なG20の感想としては、大した成果はなかったかと。
通貨安競争に釘を刺され、今後金融緩和しづらくなったのではないでしょうか。
あきらかに円安阻害要因です。
これだけであれば、月曜日は16,000円割れ必至。

しかしタイミングよく米国の良好な経済指標の発表もあり、利上げ観測が再燃。
これにより、ドル円はだいたい114円まで円安が進みました。
月曜日の為替が先週末水準で推移すれば、25日移動平均線をトライしに行く値動きを予想します。

112円台に逆戻りとなると、引き続き15,700円~16,300円のボックス相場となるでしょう。

今週は米雇用統計の発表があり、引き続き良い結果が期待されます。
ですので、前者の114円シナリオを想定。

予想高値は比較的出来高の多い16,900円。
予想下値はボックス下限の15,700円。

まーくんは金曜日にいったんポジションを解消しました。
月曜日の日経とダウの結果を確認してから再エントリーします。

今週の予想

火曜日から4日間で日経平均は1,000円も上昇しています。
為替水準はそれほど変わっていないにもかかわらずです。
個人的にはいきすぎな感もあります。

超短期的には信用評価損益などが天井圏を示しています。
でも、こういう時って案外上昇が持続するということも、経験で知っています。

過熱を冷ます意味で、いったん下がる場面があるでしょうが、そこが絶好の押し目となると予想します。

また、今週はメジャーSQのため、日経平均の乱高下には注意してください。

予想下値は25日移動平均線のある16,500円。
ここまで下げたら買いで間違いない。

そして予想上値は、一目均衡表雲の下限がある17,500円を想定します。

今週は大きく動くでしょうが、終値は17,000円程度に落ち着くと考えます。
ただ先高観はあるので、17,000円を割れたら買いを入れてみるのも良いでしょう。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

トレード記録(2016/2)

2016年2月のトレード結果です。

通常の投資とは別に、遊びの資金での短期売買記録です。
相場観を養うために趣味で売買していたのですが、なかなかの収入源となっています。

先月、トータル収支がマイナスになりましたが、1か月でプラス圏に回復しました。
これまでの反省点を活かしてトレードができたと思っています。

ただプラスに回復したと言っても税引前の収支です。
税金を考慮すると、まだマイナス。
ここから税金分も取り返すぞ!

今回のトレード

日付 銘柄(コード) 売買 数量 価格 決済日付 決済価格 損益
2016/1/22 日経平均Op 02コール18500 1枚 115円 2016/2/4 3円 +111,536円
2016/1/23 日経平均Op 02プット14500 1枚 75円 2016/2/1 8円 +66,622円
2016/1/23 日経平均Op 02プット14500 1枚 75円 2016/2/1 7円 +67,622円
2016/1/26 日経平均Op 02コール18000 1枚 110円 2016/2/1 250円 -140,777円
2016/2/3 日経平均Op 02コール18125 1枚 70円 2016/2/5 4円 +65,568円
2016/2/4 日経225mini 16/02 5枚 17,000円 2016/2/4 16,995円 +2,090円
2016/2/9 日経平均Op 03プット13750 1枚 160円 2016/2/26 22円 +137,439円
2016/2/9 日経平均Op 03コール17500 1枚 115円 2016/2/26 37円 +77,536円
2016/2/11 日経平均OP 03コール17625 1枚 80円 2016/2/16 55円 +24,568円
2016/2/16 日経平均Op 03コール17375 1枚 85円 2016/2/26 50円 +34,568円
2016/2/18 日経225mini 16/03 5枚 16,215円 2016/2/19 15,900円 +157,090円
2016/2/29 日経平均Op 03プット14875 1枚 55円
2016/2/29 日経平均Op 03コール17375 1枚 42円

現在の建玉一覧
日経平均Op 03コール17375 売建 1枚
日経平均Op 03プット14875 売建 1枚

当月損益
+603,862円

累計損益(2011/3以降)
+68,043円

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »