« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月26日 (月)

2018/2/26~2018/3/2株価予想

先週の結果

日曜日に更新するのを忘れていました。すみません。

さっそくですが、日経平均は予想通りに22,200円付近で高値を付け、下落に転換しました。
そして下値のメドとした21,500円も概ね的中です。

為替が円安基調だからなのか悲壮感のない下落でしたね。

以下は先週の予想の引用。

中期的には反発が終了し、2番底を探る動きになると予想します。

反発から下落への転換は22,000円~22,300円あたりを想定。
ちなみに22,000円は比較的出来高のある価格帯で、22,300円は2/6に空けたマドの下限です。

ただ懸念が一つだけあります。それは円高です。
ドル円は一時105円台をつけています。
もし、さらなる円高になるようですと、底(21,000円)割れも覚悟しなくてはなりません。

今週の相場に話を戻します。
今週は為替(ドル円)次第。
パターンは円安、円高、大きく動かない(±1円程度)の3通りです。

  • 円安パターン:日経平均は一時的に22,500円を付けることもあるかもしれません。
  • 円高パターン:日経平均は21,000円に逆戻り
  • 動きなしパターン:日経平均は22,000円に向けて上昇

個人的には、今週の株価、ドル円に対しては強気で見ています。
日経平均予想高値は22,500円。予想安値は21,500円とします。

今週の予想

為替は105円で底打ちしたのか、それともまだ下落途中なのかで判断は変わってきます。
為替に関しては注視が必要。
ひとまず、今週は為替はあまり動かないだろうと言う想定で予想します。

米国はかなり堅調で、直近高値に向けて戻してきています。
日経平均も同様に戻していれば、23,000円弱でも不思議はありません。
相対的に日本株は弱いと言えるでしょう。

ただ不安定な相場もようやく終わりました。
当分は日経平均が22,000円以下で買える場面はないと思います。
もし、21,000円台に再突入したら、そこは強気買いです。

明確ではありませんが、先週の安値を2番底と考えます。
今週はじわじわと高値を追っていく展開を想定。
日経平均予想高値は25日移動平均線のある22,600円。予想安値は21,800円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

2018/2/19~2018/2/23株価予想

先週の結果

週の前半はもたつきましたが、最終的には予想通りに反発しました。

日経平均の安値も21,000円と予想は完全に的中
完全に想定通りでした。

以下は先週の予想の引用。

2/9を1番底と考えて良いでしょう。
今後は一旦反発してから2番底を探る展開と予想します。

まーくんが、これ以上の下落はないと考えています。
それは今回の暴落経済危機ではなく、完全にマーケットの問題だからです。
少しスピードを出し過ぎて上昇していたため調整が入っただけです。
むしろ景気は良すぎるくらい。

日本に限って言えば量的緩和の継続にETFの購入。
さらに年金でも株を買っています。
これで株価が大きく下落するようだと自民党政権は崩壊します。
それは避けるべき事態。
仮に大きく下がりそうな事態が起きた場合、政府が全力で阻止するはず。

当面ボラティリティは大きくなるでしょうが、底割れはないと予想します。

今週の日経平均予想高値は22,000円。
予想安値は21,000円とします。瞬間的な21,000円割れはあるかもしれません。

今週の予想

中期的には反発が終了し、2番底を探る動きになると予想します。

反発から下落への転換は22,000円~22,300円あたりを想定。
ちなみに22,000円は比較的出来高のある価格帯で、22,300円は2/6に空けたマドの下限です。

ただ懸念が一つだけあります。それは円高です。
ドル円は一時105円台をつけています。
もし、さらなる円高になるようですと、底(21,000円)割れも覚悟しなくてはなりません。

今週の相場に話を戻します。
今週は為替(ドル円)次第。
パターンは円安、円高、大きく動かない(±1円程度)の3通りです。

  • 円安パターン:日経平均は一時的に22,500円を付けることもあるかもしれません。
  • 円高パターン:日経平均は21,000円に逆戻り
  • 動きなしパターン:日経平均は22,000円に向けて上昇

個人的には、今週の株価、ドル円に対しては強気で見ています。
日経平均予想高値は22,500円。予想安値は21,500円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

2018/2/13~2018/2/16株価予想

先週の結果

予想の方向性は的中でしたが下落幅が予想以上でした。

これは「高値から2,000円以上も下げれば十分」と値幅で考えていたのが原因でした。
2,000円だと率にして10%弱ですから不十分。
やっぱり15%くらいは見ておかないといけなかったですね。

ただ、この好機に1週間かけて下記の銘柄を買いまくりました。
吉と出るか凶とでるかは数か月後にわかることでしょう。

  • アマゾン
  • Google
  • フェイスブック
  • NVIDIA
  • アリババ
  • テンセント
  • 日経平均レバレッジ
  • 中国H株ブル2倍

以下は先週の予想の引用。

まず、先週末にNYダウが665ドルの大幅に下落しています。
これに反応して、シカゴの日経先物は23,000円を割り込んでいます。

月曜日の東京株式市場も23,000円割れから始まるでしょう。
唯一の救いは、ドル円が110円と円安方向に傾いたこと。
ダウがこれだけ下げると為替も円高になるのですが、米国の3月利上げが現実的になってきたようです。

また、今週はSQ週。
SQに向けて、大きな動きがあると思います。
特に水曜日は要注目ですね。

まとめると、まず月曜日は23,000円割れ。
前々から言っているように、23,000円割れは買い
月曜日は打診買いです。

22,800円の価格帯の出来高が多く、このあたりで反発する可能性も考えられますが、まーくんはもう少し下がるとみています。
キリの良いところで、22,500円、22,000円が大底でしょうか。
22,500円割れはストロングBuyです。

本命は水曜日。この日まで下がっていたら大きく買いたい。
少し値幅が広いのですが、今週の日経平均予想高値は23,500円。

予想安値は22,000(22,500)円とします。

今週の予想

2/9を1番底と考えて良いでしょう。
今後は一旦反発してから2番底を探る展開と予想します。

まーくんが、これ以上の下落はないと考えています。
それは今回の暴落経済危機ではなく、完全にマーケットの問題だからです。
少しスピードを出し過ぎて上昇していたため調整が入っただけです。
むしろ景気は良すぎるくらい。

日本に限って言えば量的緩和の継続にETFの購入。
さらに年金でも株を買っています。
これで株価が大きく下落するようだと自民党政権は崩壊します。
それは避けるべき事態。
仮に大きく下がりそうな事態が起きた場合、政府が全力で阻止するはず。

当面ボラティリティは大きくなるでしょうが、底割れはないと予想します。

今週の日経平均予想高値は22,000円。
予想安値は21,000円とします。瞬間的な21,000円割れはあるかもしれません。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

2018/2/5~2018/2/9株価予想

先週の結果

コインチェックは、週が明ける前にいったん解決してしまったような雰囲気に。
実際はまだ返金の目途もなく、完全解決までは道半ば。
とは言っても、株式市場の材料とはならなかったようでした。

また見ていただければ分かるように、予想は、方向性、価格ともに的中です。
日経平均は予想安値の23,000円で堪えています。

以下は先週の予想の引用。

今週は不安材料がいくつかあります。

ひとつはコインチェック。
仮想通貨の問題が株式市場に飛び火するか?
仮想通貨関連銘柄や情報セキュリティ関連の銘柄は動くかもしれませんが、株式市場全体には波及しないでしょう。

大きな問題は円高。
まーくんはドル円110円割れにもかかわらず、日経平均は24,000円近辺で下げていなかったのでショートしてみました。
これは大成功

為替はそうそうトレンドが変わらないので、107円~105円までは円高が進むのでは。

また、日経平均はすぐ下(23,453円)に25日移動平均線があります。
25日移動平均線を割り込むかが第一のポイント。
強ければ、ここで反発も十分あり得ます。

ただし、ここを割れると次は23,000円。
この価格帯には多くの節目があります。
余程のことがない限り当面のは23,000円と考えています。

久しぶりの押し目なので、数回に分けて買ってみてはいかがでしょうか?
まーくんは短期的には下落予想ですが、中長期は上昇と考えています。

今週の日経平均予想高値は23,800円。予想安値は23,000円とします。

今週の予想

まず、先週末にNYダウが665ドルの大幅に下落しています。
これに反応して、シカゴの日経先物は23,000円を割り込んでいます。

月曜日の東京株式市場も23,000円割れから始まるでしょう。
唯一の救いは、ドル円が110円と円安方向に傾いたこと。
ダウがこれだけ下げると為替も円高になるのですが、米国の3月利上げが現実的になってきたようです。

また、今週はSQ週。
SQに向けて、大きな動きがあると思います。
特に水曜日は要注目ですね。

まとめると、まず月曜日は23,000円割れ。
前々から言っているように、23,000円割れは買い
月曜日は打診買いです。

22,800円の価格帯の出来高が多く、このあたりで反発する可能性も考えられますが、まーくんはもう少し下がるとみています。
キリの良いところで、22,500円、22,000円が大底でしょうか。
22,500円割れはストロングBuyです。

本命は水曜日。この日まで下がっていたら大きく買いたい。
少し値幅が広いのですが、今週の日経平均予想高値は23,500円。
予想安値は22,000(22,500)円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »