« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月30日 (月)

2018/7/30~2018/8/3株価予想

先週の結果

先週の相場は想定通りでした。

現在はもみあい相場です。
確実性を重視するなら、どちらかに動いてからついていけばOK。

以下は先週の予想の引用。

最初にも書いた通り、日経先物は22,500円台まで下落して、ドル円は1円以上円高となっています。

先週は「ここで買ってみるのもあり」と書きました。
23,000円を前に失速して、トリプルトップなんてこともありえます。
ここは方針変更で23,000円を明確に上抜いてからとしましょう。
トリプルトップの可能性は極めて低いとは考えていますが念のためです。

日経平均23,000円での価格帯出来高はあまり大きくなく、さらにその先は真空状態です。
上抜けたら一気に動くやもしれず、いまはそれを待っている状況。

日経平均予想高値は23,100円。
予想安値は25日移動平均線水準の22,300円とします。

今週の予想

今週のポイントは日銀の金融政策決定会合です。
31日の引け後に黒田総裁から発表があるそうで要注目。

発表の内容によっては、水曜日は大きく動きそうです。
どうあってもいいよう、火曜日には手仕舞いしておくのが吉。

現在、日経平均株価は5日移動平均線の上側を推移しています。
チャートで判断するならに行きそうな予感です。
日銀の発表が余程ネガティブでなければ、水曜日は買いを考えています。

ただ、ドル円は上昇トレンドからもみあいに移行したと判断。
まーくんはドル円のロングポジションを決済します。

日経平均予想高値は23,300円。
予想安値は25日移動平均線水準の22,300円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

2018/7/23~2018/7/27株価予想

先週の結果

日経平均は23,000円を前に足踏み
ここまでは概ね予想通り。ひとまずは的中とします。

しかし、金曜日の夜間に日経先物は22,500円台まで下落
そしてドル円は1円以上円高となっています。
少し注意が必要かもしれませんね。

以下は先週の予想の引用。

関税問題がクリアしたとなると、もう障害はありません。

テクニカルでもダブルトップ否定。25日移動平均線回復
日足チャートはまもなくゴールデンクロス悪材料は皆無です。

日経平均は上昇トレンドに復帰したとみて、ここで買ってもOKでしょう。
安全に行くのであれば、23,000円を明確に突破したのをみてからでも十分です。

さらにはドル円も強烈に円安トレンド進行中。怖いものなしです。

日経平均予想高値は、直近高値をつけた23,000円。
予想安値は25日移動平均線水準の22,300円とします。

今週の予想

最初にも書いた通り、日経先物は22,500円台まで下落して、ドル円は1円以上円高となっています。

先週は「ここで買ってみるのもあり」と書きました。
23,000円を前に失速して、トリプルトップなんてこともありえます。
ここは方針変更で23,000円を明確に上抜いてからとしましょう。
トリプルトップの可能性は極めて低いとは考えていますが念のためです。

日経平均23,000円での価格帯出来高はあまり大きくなく、さらにその先は真空状態です。
上抜けたら一気に動くやもしれず、いまはそれを待っている状況。

日経平均予想高値は23,100円。
予想安値は25日移動平均線水準の22,300円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

2018/7/17~2018/7/20株価予想

先週の結果

記事のアップを度忘れしていました。申し訳ありません
1日遅れで投稿します。

日経平均は22,000円をあっさりクリア
関税問題のことなんてすっかり忘れ去られたようです。
様子見だったのでハズレも糞もありませんが、ここまでの上昇想定外でした。

以下は先週の予想の引用。

追加関税が実施されてしまいました。
中国はかなり苦境に立たされましたね。どうなるのでしょうか?
このまま進展しないなら、中国株のポジションを縮小せざるをえません。

しかし、NASDAQはアク抜けしたのか反発しています。
テクニカル的にも割安感がかなり出ています。
さらに下がれば勝負するのも面白いと思います。

ただ、チャートは22,000円割れでダブルトップの格好。
まーくんは、もう少し様子見でいきます。

日経平均予想高値は22,000円。
予想安値は21,300円とします。

今週の予想

関税問題がクリアしたとなると、もう障害はありません。

テクニカルでもダブルトップ否定。25日移動平均線回復
日足チャートはまもなくゴールデンクロス悪材料は皆無です。

日経平均は上昇トレンドに復帰したとみて、ここで買ってもOKでしょう。
安全に行くのであれば、23,000円を明確に突破したのをみてからでも十分です。

さらにはドル円も強烈に円安トレンド進行中。怖いものなしです。

日経平均予想高値は、直近高値をつけた23,000円。
予想安値は25日移動平均線水準の22,300円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

2018/7/9~2018/7/13株価予想

先週の結果

日経平均は22,000円を割り込み、底割れしてしまいました。
全く想定していなかったわけではありませんが、予想としてはハズレです。

以下は先週の予想の引用。

日経平均は下落トレンドというのがまーくんの判断。
22,000円~23,000円のレンジ相場を考えているが、最悪のケースとして底割れも頭の片隅に入れておくべき。
為替が円安で推移しているのは唯一の好材料

米中、欧米の貿易摩擦問題が足を引っ張る展開です。
相場が読みづらいので、無理にポジションを持たないのが正解でしょう。

先週と同様に日経平均予想高値は23,000円。
予想安値は22,000円とします。

今週の予想

追加関税が実施されてしまいました。
中国はかなり苦境に立たされましたね。どうなるのでしょうか?
このまま進展しないなら、中国株のポジションを縮小せざるをえません。

しかし、NASDAQはアク抜けしたのか反発しています。
テクニカル的にも割安感がかなり出ています。
さらに下がれば勝負するのも面白いと思います。

ただ、チャートは22,000円割れでダブルトップの格好。
まーくんは、もう少し様子見でいきます。

日経平均予想高値は22,000円。
予想安値は21,300円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

2018/7/2~2018/7/6株価予想

先週の結果

ダウがいまいちですが、ここにきてNASDAQも不調です。

そんななか、日経平均は22,000円は持ちこたえています。
下落トレンドではありますが、は堅そうです。

予想は当たり障りのないものだったので、的中というのはおこがましいです。

以下は先週の予想の引用。

もみ合い相場が続きそうです。
当面の日経平均は22,000円~23,000円のレンジ相場でしょう。

そう考えると、いまの22,500円は中途半端な水準。
積極的に買うのも考え物だし売りも同様。

為替も円高気味で、いまは様子見。
「明確に23,000円を突破してから買い」というのがまーくんの考え。
無理にポジションを持つ必要はないでしょう。

日経平均予想高値は23,000円。
予想安値は25日移動平均線の22,000円とします。

今週の予想

日経平均は下落トレンドというのがまーくんの判断。
22,000円~23,000円のレンジ相場を考えているが、最悪のケースとして底割れも頭の片隅に入れておくべき。
為替が円安で推移しているのは唯一の好材料

米中、欧米の貿易摩擦問題が足を引っ張る展開です。
相場が読みづらいので、無理にポジションを持たないのが正解でしょう。

先週と同様に日経平均予想高値は23,000円。
予想安値は22,000円とします。

にほんブログ村 株ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »